心と身体の大車輪 出張レポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

公 と 私

大震災の後から何故かブログの更新が出来なくなっていた。

大分考えさせられたからである。

しかし、北海道の旭川~札幌~函館~広島~島根~都内と10日余りの出張で御契約頂いている、沢山の中学生や高校生と過ごせて、新たな方向性を見付けることが出来た。

高校生の中に数名の生徒が弊社で仕事をしたいのですが!?と聞かれた。

有り難う!。有り難い!。この数名は頭脳明晰で活力がある。他の企業でも大丈夫であろうに!?。

人は生きている。その人の指標は【公】のために何れだけ生きているか!?で測れるのではとこの一月で切実に思い知らされた感じだ!!。

石原慎太郎都知事が失言ではあったが、今回の大震災を『天罰』と言った。

石原慎太郎の書物は北方領土に関する物から何冊も読ませて頂いたから、この失言もあって!?と思った。もしかしたら態と!?失言したのかとも思った!?。

いまの日本人は【私】を重んじる人が増えてしまった。

【私】は頑張っている!?。【私】は出来ている!?等等【私】が【私】を評価してしまう。

【公】のために生きている人が、激減した。

日本国バンザイと言いながら戦死していった若者を今の若者は知らない。自分も知らない。大人達は忘れ去っているようである。

しかし、有り難いことに武士道魂はこの大震災によって蘇っているように思えた。

福島原発での復旧作業をしている人達には感謝で一杯である。

【私】は被ばくの危険を知りながら【公】のために生きている。

しかし、今の若者は【私】を生かすアピールする。揚げ句の果てには『反抗感』や『抵抗感』を人さらけ出してくる。

【公】の中に【私】があり【私】は【公】のためにドウスルか?で悩む日本人の筈であった。

現代人は【私】が生きるために【私】が悩むのである。全く可笑しな世の中になってしまった。

【私感】を述べる前に【公感】を述べて欲しい。

国が何をしてくれる?。のではなく国の為に自分は何が出来るか?である。

東北大震災は天災である。しかし、福島原発の事故は人災である。設計や安全面に携わった人は異口同音「想定外」と言う。

想定したのは貴方でしょ!。先ずは頭を下げなさい!と言いたい。ここでも【私】をアピールし守りに入ってしまう大人がいた。

【公】【私】を弁えた大人が増えて行くことがこれからの日本国を創るのでは…!?。 と思った。

また、ブログ更新致しましたので宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 10:23 |  出張レポート |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。