心と身体の大車輪 2009年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

子供達の子供

磐田でのサッカーが終わり、今日は長野の小海に来てバスケットの合宿です。

先日。子供達のためにと思って色々と考えてやっています。

あっ、それは子供達のためにはなりません。と熱弁を奮う先生がいた。

最近、何処ででも見掛ける、今時の若い先生。熱血漢がある先生?。

それはとても素晴らしい信念をお持ちですね。と同調している訳の分からない先生がいた。

そんな先生!。貴方の親様も、貴方のためを思って、色々考えて先回りした行動をしてくれ育ててくれましたね。

貴方もおそらく、ご自分のお子様に対して、先回りをして色々な事をしてしまうのでしょうね。。親子輪廻ですかねぇ。

そんな指導や教育が子供達のためになっていると考えますか?? 自分で考えて行動の取れない子供達を作り上げているだけではありませんか?。残念ですねぇ~。

今の貴方は、 子供達の欲しい物を先回りして探し、そして与えて、子供達が喜ぶ姿を見て一人で満足しているだけの先生ですよ。それが子供達のためとの勘違いをした。

何故に将来役に立つことを選択させ、それを利用し応用発展させる方法を習得さないのでしょうか?。また、そんな指導や教育は出来ないのですか? だから、いつまでたっても自立出来ない子供達ばかりになってしまったのですよ。

そうですね。【子供達の子供】また【その子の子供】三代くらい先の子供達の姿を想定しての指導や教育をするのが正解でしょうね。そこまで先回りしての会話や指導や教育が出来て先生と呼ばれるのですよ。

自分もいつも弟子達にそのように考え指導しています。が、理解力の無い弟子達はとても時間や手間がかかります。が、つらいとは思いません。出来ないのが当たり前ですからね。

しかし、親様が先回りして、その子のためにと考えて育てられた子は、とても厄介です。自立出来てこないし、とても我が儘で・・・。好きにしたらって言いたくなります。

今時の先生も先生なら、親も親でしょうかねぇ~。
指導している子供達が親になった時の「孫」を指導する考え方が必要だと考えています。いかがですか?。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 08:34 |  高田語録 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。