心と身体の大車輪 2010年01月01日
FC2ブログ

異常と観察

2009年も終わり、新しい年を迎えた。ギリギリまでお仕事をさせて頂いた。1月も直ぐにお仕事をさせて頂ける。感謝の気持ちで一杯である。

昨年最後の仕事は、女子高校バレーボールの合宿だった。

そこで年末最後の締め括りに、ゲームをしてもらった。ご契約頂いている「旭大高vs田農」の2セットだ。滅茶苦茶に楽しい。滑らかで、速い。速い。身体がシナル。シナル。

速筋と速筋の戦いは素晴らしい見応えだった。観戦者からも感嘆と称賛の声を沢山頂き、感謝の気持ちで一杯だった。「こんなバレーボール初めてですよ。」「観戦していてゾクゾクして楽しいですよ。」との声。

ずっ~と。ずっ~と言われ続けらて来た。「そんなバレーボールスタイルは無いですよ。ましてや、その身体の使い方は??バレーボールは昔からこのような形ですよ。」それは【異常】ですよ。と。しかし、どう考えても間違いないのに??。

指導者にはもっと、子供の喜びや身体の使い方をしっかり【観察】して欲しいと何回も思っていた。

そして10数年が経過し、コツコツと身体の動き作りから解説し、速筋連鎖ストレッチ等をして、やっと小さな花が開いたような感触が来た。

絶対に諦めない。との確信をもっていたから挑み続けて来られた。そしてこの瞬間があったと思った。

自然界に起きた現象を観たり感じたりした事が、今までに経験した事が無い事柄は山程ある。しかし、人はそんな時に、これは【異常】現象である。と、良く言っている。また、地震の前触れだ?とか?。

それが本当かどうかもっ良く【観察】する必要性がある。と、思う事は沢山ある。自分の許容範囲以外の事柄のほうが、自然界や、世の中は、大きい事を知って欲しいと思った事は数知れず・・・。

機械的な社会生活で、機械的な人となり物事を【観察】出来ない人が増えて来たように感じる。

長い目線で立ち【挑戦】出来ない人も増えて来たように感じる。

人生上手く行かないのが当たり前である。だから、どこが【異常】であるか良く【観察】する事に心掛けて、常に【挑戦】して行く気持ちを持ちたいと思った新年である。
スポンサーサイト



by 代々木C'g  at 13:09 |  高田語録 |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ