心と身体の大車輪 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

構え と 動き

【構え】は防御と攻撃の両方を考慮に入れた、合理的な形でなくてはならない。【動き】の後には、常に、そして瞬時に【構え】に戻る必要がある。それは殆んど同時進行である。

この連続で運動は成り立っていると思う。【構え】は【静】ではない。あくまで【構え】である。

それは、車のエンジンは回転しているが、ギァがニュートラルにあるような状態である。

エンジンの回転数を上げる。外側から見た車は【動き】がない。必要と判断された瞬間ギァをローにブチ込む。

運動は「動と静の切り替えではない」。だからオフェンスとディフェンスの切り替えでもない。

【動き】と【構え】の連続である。と考える。

運動では、動と静のような別々の説明が多いし、トレーニングや訓練も同様である。そんなチーム等は切り替えの瞬間に負けが決まってくる。

十和田市でサッカーのお手伝いしたチームは【動】と【静】の動き作りで指導も別々になっていた。

指導者の説明やコメントを全く理解していないような生徒達の姿であった。

この修正方法に頭を悩まされました。が、何とか指導者にも、生徒達にも理解をして頂き出した。

生徒達は汗だくになり独りで、勝手に悩み楽しみながら頑張っていた。また、組んだ仲間同士で悩み合い頑張っていた。今度の日曜日に仕上げたい。

剣道は典型的な【構え】と【動き】の連続である。そして、これを挟むかのように【静】がある。正座の状態である。挨拶の前である。

茶道も、柔道も同様である。

他のスホーツも全て同じで、心拍数を上げて【構え】て【動き】そして【構え】。競輪も。

この【動き作り】が大切であると考える。

それは、不安定の中の安定運動であり、その訓練である。速筋の連鎖運動である。

人は家に帰る。鮭も生まれた川に帰る。海亀も生まれた海岸に帰る。それは【構え】に戻る事!?。

自分独自の【構え】が無くてはならない。【動き】ばかりで疲れてしまう。【静】は就寝のみである。

八戸から川奈までは遠い!!今日は新宿に戻る。仕事の【構え】だ。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 06:08 |  高田語録 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。