心と身体の大車輪 2010年06月23日
FC2ブログ

大物と小物

最近は、只の忙しいだけの人になってたようで、少し考えさせられていた。

忙しいは、心が亡くなる。と書く。全く心が亡くなっていたようである。体調も悪く目も充血。

人物評価の場面で【大物と小物】との表現を耳にする。これは【器が大きいか?小さいか?】との事になる。今の自分は利己的で【器が小さい】と感じたのが始まり。考えさせられた。

「仕事の出来る人は器がちがうねぇ!?」と聞いた時からだった。成る程と思い、考え込んでいた。

言い換えれば、大きい器の中で仕事をして行かなくては、大物にはなれないし、成功者にもなれない事となるからである。

やっとで考えが纏まってきた。

一つ目は、やはり【利他の器】である。他人の利益を考えて行動することが、器の目安になると確信した。最近は自分の喜び優先であった。

不平不満を言っていたら、人の人生一生小さいまま終るし、他人を受け入れる力が乏しくなる。

折角の人様の忠告や、助言を聞き入れられない、自己チューな人となり、挙げ句のはて自分で自分の評価を下げる行動をとってしまう。これではダメだ。

二つ目は【辛さに耐えて、努力する器】である。忙しい忙しいで心を亡くし、辛さにも耐えず、努力が全然足りていなかった。嫌な自分が出ていた。何の為にこの世の中に生まれて来たのかを忘れ欠けていた。

三つ目は【感謝の器】である。感謝の心が薄くなり自分で造り出した、自惚れが出ていた。本当にみっともない。反省していかないと、ただの人になってしまう。アァ~ダメダメ。

四つ目は【人の力を借りられる器】である。自己チューになり、人様からパワーを頂けず、何事も一人で出来ると勘違いをしている場面が多くなっていた。一人で出来る事は、高が知れているのに。本当に全くダメであった。

心が亡くなっている。これでは寂しい人となってしまう。全てが【ひとりよがり】の【小物】であった。

また人生やり直しだ。【大物】になるように。。。

雨の川奈。
スポンサーサイト



by 代々木C'g  at 06:04 |  高田語録 |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ