心と身体の大車輪 2012年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

劇団四季のライオンキング

ディズニーのアニメ【ライオンキング】は残念ながら観賞はしていない。

しかし、機会があり10数年振りに【劇団四季】の【ライオンキング】舞台を鑑賞しに出掛けてみた。

金曜日には、日立女子バレー部のトレーニングとコンディショニングの御手伝いをして、土曜日の朝イチで勝田駅から代々木に戻りセミナーをし、その夜に。

疲れているから観賞しながら寝てしまうな!?。と、思い。

場内は、家族同伴や若者達、カップルも結構居た。満席近かった。

ざわざわしていたが自分は腰掛けて……。そして眠い!!。

開演!度肝!?を抜かされた!。目が覚めた!。一瞬にして観賞者を引き付ける演舞構成。そこから終演まで。神経は興奮状態だった。

内容は、[陰と陽][善と悪]を絡めて人間模様や家族愛を、動物達で表現した二部構成だった。との見方をしていた。

特に至る処まで[陰と陽]の組合せは見事であった。登場人物まてにもその工夫がされていた。

また、彼等の無駄の無い体型には驚いた。大きな筋肉は全く無いし、小さな筋肉の集合体型であり、理想どうりの柔軟性や動作は鑑賞するに価する。

動物的な動きは、横隔膜の発達も大きく関与していた。それは、おそらく発声訓練からだと今更ながら感じさせて貰った。

【ライオンキング】の東京公演はもう少しで5000回になるロングランであった。

同様に世界各国でも公演がなされているようだ。

今頃になって感じる鑑賞の仕方。色々な感受性の違い!?。高かまり!?を自分の中に感じ、羽田空港から札幌千歳空港に到着し、札幌南高校に向かう車窓は雪模様。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 10:12 |  高田語録 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。