心と身体の大車輪 備えあれば憂えなし!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

備えあれば憂えなし!

日本では古くから【備えあれば憂えなし!】との格言がある。

若い時から、将来あるであろう自分の姿を見据え、日々努力をし、人に頼らない生活が出来るように【備えて】おくように。との意味をも含めての格言である。

その中には、当然として、金銭的な事もあると思う。

だからこそ、老後は年金や、他人様を当てにし生きていかないように、貯わえも確りしておくように。との事でもあると思う。

そして、金銭的な事をも含めて【備え】をいつもしておくことが人としてとても大切であるのではと思った。

いつも、【備え】をして生活をしていれば、【憂え(愁え)もない】との格言なのである。

因みに【憂え】とは?悲しみ。なげき。心配。とある。

何事においても【備えあれば憂えなし】である。

しかし、今の日本は、生活が出来なくなったならば、生活保護を受けられる。老若男女、全ての人達に!?。【平等】に!?。そんな社会である。

生活保護を受けている人達の殆んどが、働いていない。のではなく、働けても、働かないのである。

働けない身体の人達は、保護されても良いと思う。しかしである……。情けない。

逆に考えると【備えなければ、憂えあり??】が、まかり通る今の世の中である。

そう!?。備えもしていない人が、文句、苦情を言う。そして、その人達が大手を振って歩るて行ける世の中。どうなっているのだろうか!?。

彼らは、全ては世の中が悪い、政治が悪いと言う。自分は何もしていないでいてである。

そのような人達が増えている現状。

しかし、来年から全国の義務教育現場で道徳の時間が復活するとの報道に、歓びを感じている。

特に学校の先生様達が、道徳を学んで頂ける事に感謝で一杯ある。

未來の日本を支える人達が育つ。

さて、明日が今年の仕事ラストday。

今年も仕事をさせて頂いた事に感謝して、今夜はもう寝よう……。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 21:28 |  高田語録 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

質の向上を目指し

一つ前のブログとこの回を読み感じたことがありました。コメントするのに年を越してしまいましたが,掲載いたしました。

一定分野の書籍を200冊読むと専門家に成りえ,2000冊読むとアイディアが生まれると言われている方がいる。

また,別の方が外交は交渉,政治は妥協,経済はアイディアと言われていた。私もそう感じるところがある。将来の自分に備えて本は読もうとは考えている。しかし,アイディアの在り方については注意を払いたいと思う。リーマン・ブラザーズが行ったように虚のアイディアで一時の成功を求めるのではなく,実のアイディアを創れるようにしたいとは思っている。

池上彰 氏は書店の状況で国が繁栄するかどうかが判断できると言われている。今の日本の書店に若者は・・・?  今後,資本は資源に流れる。物的資源はいずれ行き詰る。しかし,資源には人的資源もある。これは人材のことである。

物的資源が無い日本,人的資源の質の向上を目指すべきではないかと思う。競うから質が向上する。これから先が不透明なのは競うことを避けられないからだと思う。安易に修羅場を避けるのではなく,勇気を持って競いに参加するのが良いと考える。

不透明な世の中でも生き抜いていけるようにできるだけ多くの本を読み,自分の質を向上させ,備えたいと思う。
by 名無し 2011/01/03 14:44  URL [ 編集 ]

何事も準備し続けないといけないですね。 身近な準備、長い目でみた準備、コツコツの積み重ねが大切だと改めて感じました。

準備を怠り、後悔をするのは自分、人のせいにするのは、醜いですね。

自分は大丈夫という軽い気持ちや奢りが周りにまで迷惑をかけるということにならぬよう、毎日の生活の中で様々な準備を心がけていきたいです。
by 矢沢B吉 2010/12/31 09:07  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。