心と身体の大車輪 懐石 と 手鞠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

懐石 と 手鞠

今日は【懐石】料理でも食べますか?
「うぁ~そんな良いもの!?。お腹一杯食べてみたい!!」。

あれぇ~。貴女チョッと変ですよ!?。

【懐石】とは、懐(ふところ)の石。

温石(おんじゃく)で腹を暖めると同じ程度に腹中を暖め、空腹をしのぐ粗末な食べ物の意。

それを、千利休が茶の席で素晴らしい湯呑みや、受け皿を使い演出をした。

食材は、必ず旬の名残りと、旬の先取りである。

終わりゆく季節と、走りの季節の食材を受け皿に、ほんのりと盛り合わせるのがポイントのような感じである。

と、なると【懐石】料理は季節を楽しみ、心を静かにして、良い食材で、身体を暖める。で、あり、満腹感とは、到底かけ離れている。

そうだ、心を静かにの正月には、ポルトガルから入って日本独自に進化した歌留多がある。

歌留多は上流階級の方々の楽しみであるから、衣装から入る。

では庶民は?。当然花札である。花札も季節に合わせた数字がある。庶民はそこに博打!?が絡む。

色を楽しみ、季節を楽しみ、人と人の出合いを楽しみ、今も昔も人の営みは同じ。

しかし、一人で楽しむゲームは危険が一杯の予感がする!?。

明日は小寒の前日で【手鞠】の日。美しい色糸でかがった【手鞠】は、羽子板とともに女児な正月の遊び具。

その時に唄う【手鞠唄】は各地に残っている。

【手鞠】も季節を織り成す色糸は庶民の楽しみ。小寒まえに季節を楽しみ身体を暖める。

全く【懐石】である。

今日は今年初めての川奈。そして明日からは札幌のクロスカンの御手伝い。雪の中で季節を楽しむ?。

それは、大自然との触れ合い!?。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 10:42 |  高田語録 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。