心と身体の大車輪 節分と豆まき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

節分と豆まき

明日は【節分】。立春、立夏、立秋、立冬の前日をいう。が、現在は【立春】の前日だけを呼ぶようになっている。

夜は【豆まき】。

鬼を追い払う風習は、中国から伝わり、江戸時代に民間に広まったようである。

そう言えば、魔除け木である【柊】(ヒイラギ)は、冬の木と書く。

そして、冬が旬の魚である【マイワシ】の頭をヒイラギの小枝に刺して軒下に飾る風習もあった。

それは、災いが家内に入り込むのを防ぐためとされていた。

冬の間に溜まっていた悪い物を一新して【立春】を迎えよう。との感じがする。旧暦の元旦が今日であったことからも想像出来る。

ついでに、旬の魚介は?。マイワシ、さわら、金目鯛、ヒラメ、ふぐ、むつ、赤貝である。

最近ビール好きな自分は、ドイツビールの美味い店によく行く。

ドイツやフランス等海外は、食事がメインであり、ビールそしてワインは喉を潤す脇役との感じがする。

肉類には赤、魚類には白等々。ビールも一緒であった。

しかし、日本では【酒の肴】と言う。だから、日本酒が主人公であり、その酒に合うよう肴がある。と、思った。

2月の旬の魚介類は、控え目ではあるが最高の【酒の肴】である。

それらは、奥ゆかしさを感じる【酒の肴】である。旧暦元旦の【節分】に【豆まき】をして、夜は美味い【酒の肴】をつまみに、心地好く「盃で乾杯!」。

仕上げは【恵方卷】を食べて!?。今年の恵方は【南南東】である。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 09:07 |  高田語録 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。