心と身体の大車輪 得意と失意

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

得意と失意

日本中が雪だるまの中。のような連休だった。

今日の競輪学校の仕事で連休は終了。しかし寒かった!?。

昨日まで、高校の野球部とバレー部の御手伝い。春バージョンのトレーニングメニューを出してきた。

メニューを上手く出来る生徒と、そうではない生徒。指導をしていて【得意淡然】(とくいたんぜん)タイプが多いチーム状況であった。そねため、修正にも少々時間を費やしてしまった。

上手くいっていたら人は、どうしても有頂天になりやすい。そして自慢をする。おごりが出る。

これを慎む事が大切である。その後えらいことになるのが世の中。その指導が大切と感じたから!。

上手くいっていたら心を静かにしておくことが大切で、調子にのったら、大きな落とし穴が待っている。

【得意淡然】。上手くいっていたら淡々と自然にしている事が大人であり、大人のチームである。

しかし、バレーの練習に急遽来た、あの中学二年の生徒は良かったなぁ~と思った。

【失意泰然】(しついたいぜん)の心があった。

人は上手く行かない時には何をするかわからない。所謂【貧すれば鈍する】(心が貧しくなると、むさぼりはじめる)ようになる。

上手く行かなかったら、むやみに動かず、落ち着いて堂々としていることが大切である。

その態度が傷口を大きくしない。人から声がかかる。

その中学二年の女生徒は【得意淡然】と【失意泰然】の心を持てていた。会話の反応や振る舞いに好感が持てたし、バレーの能力も高かった。

人間、良い時もあれば、悪い時もある。

常に心を静かにして次の備えていたい!!。と思った。新幹線から車窓は暖かそう!?。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 15:23 |  高田語録 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

何事もうまくいかないのが当たり前ですが、そこをどう修正かけられるか、一人集中してやる事も必要ですが、周りの人の助言をどう頂けるかも必要だと思います。そのためには、日頃の意識の持ち方や取り組み方だと、改めて感じました。限界を自分で決めたり、自己満足で終わらぬよう取り組んでいきたいです。
by 矢沢B吉 2011/02/16 09:06  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。