心と身体の大車輪 公 と 私
FC2ブログ

公 と 私

大震災の後から何故かブログの更新が出来なくなっていた。

大分考えさせられたからである。

しかし、北海道の旭川~札幌~函館~広島~島根~都内と10日余りの出張で御契約頂いている、沢山の中学生や高校生と過ごせて、新たな方向性を見付けることが出来た。

高校生の中に数名の生徒が弊社で仕事をしたいのですが!?と聞かれた。

有り難う!。有り難い!。この数名は頭脳明晰で活力がある。他の企業でも大丈夫であろうに!?。

人は生きている。その人の指標は【公】のために何れだけ生きているか!?で測れるのではとこの一月で切実に思い知らされた感じだ!!。

石原慎太郎都知事が失言ではあったが、今回の大震災を『天罰』と言った。

石原慎太郎の書物は北方領土に関する物から何冊も読ませて頂いたから、この失言もあって!?と思った。もしかしたら態と!?失言したのかとも思った!?。

いまの日本人は【私】を重んじる人が増えてしまった。

【私】は頑張っている!?。【私】は出来ている!?等等【私】が【私】を評価してしまう。

【公】のために生きている人が、激減した。

日本国バンザイと言いながら戦死していった若者を今の若者は知らない。自分も知らない。大人達は忘れ去っているようである。

しかし、有り難いことに武士道魂はこの大震災によって蘇っているように思えた。

福島原発での復旧作業をしている人達には感謝で一杯である。

【私】は被ばくの危険を知りながら【公】のために生きている。

しかし、今の若者は【私】を生かすアピールする。揚げ句の果てには『反抗感』や『抵抗感』を人さらけ出してくる。

【公】の中に【私】があり【私】は【公】のためにドウスルか?で悩む日本人の筈であった。

現代人は【私】が生きるために【私】が悩むのである。全く可笑しな世の中になってしまった。

【私感】を述べる前に【公感】を述べて欲しい。

国が何をしてくれる?。のではなく国の為に自分は何が出来るか?である。

東北大震災は天災である。しかし、福島原発の事故は人災である。設計や安全面に携わった人は異口同音「想定外」と言う。

想定したのは貴方でしょ!。先ずは頭を下げなさい!と言いたい。ここでも【私】をアピールし守りに入ってしまう大人がいた。

【公】【私】を弁えた大人が増えて行くことがこれからの日本国を創るのでは…!?。 と思った。

また、ブログ更新致しましたので宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト



by 代々木C'g  at 10:23 |  出張レポート |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

お久しぶりです。
東北方面では今も余震が続いているようですが、京都に来てからは毎日地震に怯えることなく、充実した日々を送っています。私の実家が青森県なので家族のみんなが心配です。


ですが、何も行動せずにいては何も進まないので、いま自分にできることをし、精一杯生きていこうと思います。そして、被災地の方たちが一刻も早く、元通りの生活ができるように、支援をしていこうと思っています。


GW先生に会いたかったです。夏休みは、絶対に合宿に参加します!!!!なので、それまでの期間、遅れをとらないように、自分の感性を磨き、スキーに専念し、勉学も頑張ります。週末休みがあれば、代々木にも行きたいです!!よろしくお願い致します。
by もも太郎 2011/04/25 14:13  URL [ 編集 ]

こんにちはお久しぶりです。
ブログの内容、すごく勉強になりました。
「公」と「私」について今すごく考えさせられています。
短大に入学して1年が経ちましたが、最初の頃に比べると最近周りに対する関心がなくなってきました。
これが影響しているかどうかは分かりませんが、「クラスのために何かしよう」という気持ちがなくなり、今のままではいけないなと思うのですがなかなかこの状況から抜け出せずにいて、久しぶりに高田先生のブログを拝見したら今の自分の状況に似た内容が書かれていたのですごく勉強になりました。
最近笑う事が少なくなってきたので、自分を見つめ直す時期が来たのかなと思いました。
by 広瀬 2011/04/25 10:38  URL [ 編集 ]

このコメントを書いているつい先ほどにも、また東北・関東で大きな地震がありました

被災地の様子を見ていますと、私は恵まれた環境にいるんだなぁ、と深く実感します。


大好きな剣道がいつでも出来る環境にいて、美味しい物を食べれて、冷暖房が管理されて……といった私は、一般的な感覚としては、それらはごく普通のことなのかもしれません。


ですが、これらのことは、決して【当たり前】ではありません。

私は、たくさんの方にお世話になって、今ここで恵まれた環境にいるんだという氣持ちを決して忘れず、この前の東北高校の野球の大会のように、日々全力で何事にも取り組もうと思いました。


まだ余震が続きますが、先生も気を付けて下さいね。

一刻も早く、被災した方々に心からの笑顔が戻るよう、私も支援していきたいと思います。
by 熊坂 2011/04/08 01:03  URL [ 編集 ]

何をすべきか

 今回の地震では本当に考えさせられています。現状については報道でしか窺うことができませんが,かなり厳しいものだと思っています。そのような中で,被災しながらも笑顔で被災者のために活動している子供たちの姿を知り。また,福島の原子力発電所では十分な食事も,休養も取ることもできずに日本国のために,責務を果たし,命を懸けて取り組んでいる作業員の方がいることを思うと厚いものがこみ上げてきます。

 彼らの姿からは我慢,辛抱といったものを感じられません。性根の違いを思わされました。高貴な心を感じてしまいます。彼らは今起きている現状を受け入れ,その上,未来に繋げる為にすべきことをひたむきにしているように思われます。

 私は遠くにいますが,今の私がすべきことはと考えずにはいられません。今起きていることを通して,この国,地球で生きるものがどのように協力し合うべきなのか。多くの人の努力で私たちは生かされていることを考えるべきではと思います。

 被災地の子供たちのように,今できることを,すべきことを純粋な気持ちで行える人になりたいと思っています。
by 名無し 2011/04/07 21:46  URL [ 編集 ]

ありがとうございます

久々のブログ、楽しみに待っておりました。
辛いこと、大変なことがあると、つい何かのせいにしたり、悪い方ばかりに考えてしまいます。しかし、それでは心が貧しい状態になり、自分で悪循環を招いて人にまで迷惑をかけていた…、そんな状況が丁度3年、5年、8年ぐらいづつやってきてました。全部、出所は自分なのに。桃栗3年の話は、何度もして頂きましたが、結局「私」が強い状態だったのでしょう。まだまだですが、公私を弁えた言動ができるよう、精進して参ります。先生のブログは、普段の生活の反省、他、「もっと頑張ろう!」と道しるべになります。今後とも宜しくお願いいたします。
by 矢沢B吉 2011/04/04 11:23  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ