心と身体の大車輪 天満星と姫娑羅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

天満星と姫娑羅

四月下旬の川奈は【満天星】(どうだんつつじ)が駐車場から階段を上がっていく途中で、可憐な花が真っ白に咲いていた。春の花。

先日は階段を上がりきった所にある【姫娑羅】(ひめしゃら)の花が真っ白に咲いていた。初夏の花。


玄関前の【百日紅】(さるすべり)ももう少ししたら白い花が群がり咲いてくるだろう。

そうだ【躑躅】(つつじ)もだった。我が家の木の花は白が多い。山百合も孕んでいた。

白い花は、可憐で清楚に感じる。自分の庭で四季のそれらを鑑賞出来るのは幸せである。

白い花となると【山梔子】(くちなし)の花を想像してしまう。それは「渡哲也」氏の歌からかもしれない。夏の花であり、漢方薬にも良く用いるようだ!?。

それにしても、これらの白い花の漢字は難しい。【姫娑羅】は読めそうだが、他は読みにくい。

夏の陽射しの中に、白い服を着て歩く人は清楚なイメージがする。帽子が白であれば余計にも!?。

心の中まで白い花のように感じてくるから不思議である。

白い服の中身が難しい漢字のようであったら清楚なイメージが残念な失われてしまう。

日本人の体質だろうか?【悪いものには蓋をする】。
表面上に真っ白な蓋をする。

心の中まで蓋をする事は不可能。心は真っ白でありたい。

昨日の競輪学校での女性生徒達の講義では、真っ白な感じであったし、頑張っていた30数名は初の女性競輪選手になる。

真っ白な心で指導をして行きたいと思った朝の代々木。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 12:39 |  高田語録 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。