心と身体の大車輪 四万十川

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 代々木C'g  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

四万十川

四国に流れる自然豊かな清流が【四万十川】である。

代々木C'g近くに【四万十】(しまんと)名の割烹料理の店がある。

『鰹』好きな小生は、ここの『鰹のタタキ』は高知で食するのと同様な調理法の旨さ!があり良く利用させてもらっている。

昨夜は『初鰹のタタキ』と『四万十海苔』をスタートに箸を伸ばし合って舌ツツミ!をした。

昨夜の同席者は、旭大高剣道部を卒業し、日本体育大学に入学し剣道大好きな生徒。

「入学祝いに旨い食事に連れていくよ!都内にきたら連絡しな!」。と約束をしていた。

元気良く来てくれた。

彼女とは、札幌の全道剣道大会の時が初対面で、記憶に残る生徒だ。中学生の時だった。腰痛の治療に来たのが切っ掛けとなった。笑顔と素直さを持った聡明な子であった。

この数ヵ月で!?。全く変わっていなかった、素朴で素直な風体に益々好感が持てた。

この時期は多くの生徒が髪の毛の色が変わるが、染めていない!。

大学生活が本当に楽しいようだ。良かったと心底思えた。

『四万十』と書いてある所を指差し「何と読む?」と聞いたら「よんまんじゅう?」と元気良く答えてくれた。

弊社スタッフの石井と久々の大爆笑。少し天然が魅力的な彼女だったのかもしれない事に気付いた。

旭大高剣道部の顧問の北本先生は社会科の先生であったのを思い出して話をしてみた!?。ら、不味いと思ったのか!?真っ赤な顏をして『鰹のタタキ』に箸を伸ばして食べていた。

旭川でも、ちょくちょく食事に連れて行ったが食べっぷりが良い。

会話が弾んで、〆で【四万十川】の活き鰻の『鰻重』を注文した。

ペロリと平らげていた。

「美味しかったです。また来ます!」と丸い顏をまん丸にして言っていた。邪心が全くない。

朝になっても御馳走して気分良かったなぁ~と思った程である。

【四万十川】の清流のように清々しく大きく育って欲しいと思った。

このような生徒がまだまだ沢山居ることも確かである。

このような生徒には出来うる御手伝いはしてあげたいと思った。

全国各地で仕事をさせて貰い、大学で関東圏に出てくる生徒も多く居る。しかし、風体が全く変わってしまう生徒も多い。が、連絡してくれる生徒達は、素直で素朴であることが多い。なぁ~と、ふと思った。
スポンサーサイト
by 代々木C'g  at 15:59 |  高田語録 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

純粋無垢な彼女との会話は、何が忘れてたものを思い出させてくれました。人に対して天然と使うと、何となく良い方には思わないですが、実は純粋で、ありのままの姿をさらけ出せる気持ちの良い人の事を言うのかも知れません。最近、素敵な天然の方とお会いする機会が増え、良い刺激を頂いています。そんな方がいざ勝負の時の姿は、格好良い。自身も上っ面とかを気にしない自然な状態でいれたらいいなと思いました。
by 矢沢B吉 2011/05/20 09:53  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

代々木C'g

Author:代々木C'g
代々木C'gから発信する、
最新情報や我がPNFC TECの高田語録
などが盛りだくさんのブログです!
皆さんが健康に、幸せになって
頂けるようなブログを展開します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。